【シャドウバース】「暴食の女帝」を使用したデッキレシピ

暴食の女帝

2019年2月19日に追加されたアディショナルカード「暴食の女帝」を使用したデッキレシピを紹介します。

 

 

デッキ構成

暴食の女帝

 

カード名

コスト

枚数

ゴブリン

1

3

ソウルコンバージョン

1

3

天界の尖兵

2

3

蒼の少女・ルリア

2

3

レジェンダリーファイター

2

3

悪意の憑依

2

3

月と太陽

3

2

神弓の座天使・リリエル

4

3

堕天

4

2

ホーリーエンジェル・アルテア

5

3

アンデッドキング

7

3

暴食の女帝

7

3

氷獄の王・サタン

9

3

昏く淀む者・タルタロス

12

3

 

→ デッキコードは取得してみる

 

デッキ構成のポイント

今回のデッキは、暴食の女帝を採用したニュートラルネクロマンサーです。暴食の女帝の効果で、アンデッドキングが確定でサーチされるようにしています。

 

また、PPが10までしか上昇しないというゲームの仕様上、暴食の女帝のサーチに引っかからない昏く淀む者・タルタロスを採用しています。

 

暴食の女帝のコンボだけでは決着をつける事が難しいため、氷獄の王・サタンを採用する事で構築のパワーを補っています。

 

マリガンでのポイント

基本的には1コスト、2コストを優先してキープすれば大丈夫です。ドローソースが不足気味なデッキなので、最優先で手に入れておきたいのはソウルコンバージョンです。

 

後攻になってしまった場合は後攻4ターン目で進化を使う事で2体の除去が狙える神弓の座天使・リリエルを優先してキープをしましょう。また、相手がネメシスだった場合は破壊の絶傑・リーシェナを警戒して堕天を優先的にキープしましょう。

 

対戦における戦略

このデッキの勝ち筋は、氷獄の王・サタンか昏く淀む者・タルタロスを着地させる事です。実際に対戦するときはこの事を意識しつつ、他のカードで盤面を取る事を維持しましょう。暴食の女帝を使うと7ターン目に3体を展開する事ができます。ここでなるべく盤面を強化してフィニッシャーに繋げましょう。

 

蒼の少女・ルリアのエンハンスで氷獄の王・サタンを確定でサーチできる構成にしていますので、氷獄の王・サタンをプレイするルートで戦う場合はこの事を覚えておきましょう。

 

神弓の座天使・リリエルのエンハンスは非常に優秀で、1ターンの時間稼ぎをしなければならないときに非常に優秀です。フィニッシャーを着地させるのに1ターン足りない等の状況が発生した時は神弓の座天使・リリエルのエンハンスを活用しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました